車売却は消費税が上がる前か後?どっちがお得?

車売却は消費税が上がる前か後、どっちがお得なのでしょう。消費税が5パーセントから8パーセントに上がってからしばらく経った現在、消費税が8パーセントであることに違和感を覚えなくなってきた人がほとんどでしょう。しかし今度は消費税が10パーセントに上げられる可能性が濃厚です。一旦延期されたとはいえ、将来的には消費税が引き上げられるのは確実だと言って言いすぎではないと思います。そうなると気になってくるのは消費税が上がる前と後でお得かそうでないかが分かれるものの問題です。そのひとつに車の売却が挙げられるでしょう。ですがこの問題、はっきりどちらと言い切ることができないのです。専門家の間でも意見が分かれているのです。たとえば新車を購入する場合だと至極簡単です。消費税が上がる前のほうが断然お得でしょう。しかし車を売却する場合はそう単純に考えるわけにもいかないのです。何故なら消費税の増税と同時に自動車取得税が減額される可能性を否定できないからです。自動車取得税は売買などで自動車を取得した人に対して課される税金のことで、この税率は新車で購入する場合と中古車で購入する場合とでは異なります。また中古車の中でも年式によって差が出るものなのです。ですからどちらが得とは言い切れませんし、車を購入する場合でも中古車を検討するケースでは注意が必要というわけですね。

お気に入り