6月, 2015

モータースポーツにも

ダイハツはコンパーノで4輪自動車事業に本格参入した直後から、モータースポーツへと
積極的に関わっている。コンパーノスパイダーで全日本自動車クラブ選手権に参戦。したのを皮切りに
プロトタイプレーシングカーのP3やP5で日本のグランプリに出場した。
フェローはミニカーレースに参戦して数多くの勝利を飾ったのです。
また、1982年の第30回サファリラリーにでは、シャレードがクラス優勝を果たしている。
全日本ラリーなど大舞台での活躍の傍ら、レース用のベース車の販売や
モータースポーツ入門イベント開催も行っていたダイハツ。
残念ながら2009年にはすべてのモータースポーツ活動からの撤退を決定して
幕を下ろすことになった。しかし。ダイハツイコール軽自動車の会社だけではないことは記憶しておくべきだろう。
かつては関連がイシャンDCCSが主催するJAF公認のジュムカナーダイハツチャレンジヵップなども合った。

アトレー 新古車

スズキの成功

あるとの成功と981年のジムニーのモデルチェンジ、そして1983年の登場の
軽ピックアップのマイティボーイを原動力に、スズキは軽自動車ナンバーワンメーカーとしての
Read the rest of this entry »

マツダの起源

広島県に所在するマツダ株式会社の起源は、1920年に設立された東洋コルク工業株式会社にある。
創設翌年には松田重次郎が二代目社長に就任し、1927年に東洋工業株式会社に改名。した。
それから50年以上をヘタ1984年に同社の自社ブランドであるマツダへと名称を改めている。
自動車の生産は1931年の3輪トラックマツダ号から。4輪は1950年のトラックに始まり
1960年の軽自動車R360クーペで乗用車市場へと参入した。
独創的なぎじゅk技術に積極的なのがマツダの特徴。大量生産に向くシェルモウドジュウゾウ不法
をいち早く採用したり吹く座ツン亜複雑な構造お持つロータリーエンジンを実用化したりと
生産方法もクルマ自体も。他社と違ったアプローチをとることが多い自動車メーカーである。
いわゆるビッグ3の一角であるフォード社とのつながりは古く、日産を加えた3社で1970年に
日本自動変速機株式会社を設立したのが関係の始まりである。

車 買い替え 時期

販売台数

5月の軽自動車の新車販売台数は、ホンダ『N-BOX』が前年同月比0.8%増で5か月連続のトップとなった。4位のスズキの『スペーシア』も、3.8%増だった。しかし、他の車種は全て台数が減っていて、ダイハツ『タント』は53.4%減と大きく台数を落とした。
Read the rest of this entry »

お気に入り